憧れのSprit of yukoh。

Sprit of yukoh IV 白石康次郎 夢チャレンジ!in福山

少し前のこと。
海洋冒険家 白石康次郎さんが、単独無寄港無補給 世界ヨットレース ヴァンデ・グローブにアジア人初で出場したヨットSprit of yukohと共に広島県福山市に来られました。講演会があるというので、電車片道30分、行って来ました。
思った通りの気さくで、快活な方、日焼けした笑顔が素敵でした。ふくらはぎの太さに世界の荒波を感じました。

1時間30分弱の講演。
生い立ちから、ヨットレースのこと、人生観。声高らかに、分かりやすく、楽しく、面白く、あっという間。
200名程度の観衆の鳴り止まない拍手。こんなに惹きこまれた講演ははじめてかも。
ヴァンデ・グローブをリタイアしたにもかかわらず、次の出場に向け、スポンサーが1つも降りなかったのは、彼の人間力、魅力なんだなぁと感じました。
自らのリタイアを子供達に胸張って伝え、失敗してもいいんだ、恥ずかしいことではない、何度でも挑戦すればよい。夢は必ずしも成功でなくてもよいと。
大人は子供達を見守っていればよい。。。
子供達は掛けられた言葉で成長する。。。
確かにダメだ、ダメだ、無理だと言ってたんじゃあ、自由に夢もつこともなく、挑戦する前から、諦めてしまいますね。

講演後、写真撮影お願いしようか戸惑っていたら、「どうされましたぁ〜?」と挙動不審の私に声をかけて下さり、「撮りましょ、撮りましょ」と。

ふふ、世界の海を相手にしている人は、ココロのスケールも大きい方でした。

そして、関東圏以外でSprit of yukohを見る機会はもうないかもと、遠くから眺めてきました。
雄大なカッコイイSprit of yukoh。
1人で風頼りに操縦し、あの高いマストを荒波の中、登り解体作業したなんて、すごいことです。
講演会後、レース中、辛くならないか、やめたくならないかの質問に「なんない。好きだから。」と言い切っていました。
レース中、最初、船酔い一週間してでも、40分程度しか眠れなくても、叶えたい夢への想いは最強。

d0111672_23553063.jpg


[PR]
# by haruru2007 | 2017-07-15 13:36 | ひとりごと | Comments(0)

タラレバ。

15日のこと。
仕事お休みしていたならば。
外部からの問い合わせの電話がなければ。
皆んなで調べている中、すみません、お先に失礼させてもらいますと言えたなら。
次の日だったら。

ライブに30分も大遅刻しなかった…。

雨が降っていたならば、ももチャリでぶっ飛ばせずにもっと遅れていたはず。晴れていてよかった。
大遅刻しなければ、至近距離で会場入りする私と夏番長さん達との目が合わなかったはず。得した気分。

「タラレバ」

仕事終わりがまさかライブ開始時間になるとは。。。ももチャリでぶっ飛ばす。自分でも驚くほどの早さで。どこに潜んでたこの脚力。

到着すると頑張ってくれたももチャリの鍵がなかなかとれず悪戦苦闘。。。しばし余計な時間経過。。。

若いお兄さんが誘導してくれる。「あーぁ、遅れちゃった。いいですよ、いいタイミングで入れてくれたら、邪魔しちゃいけないから待ちますよ。」と階段登りながら興奮して喋り続ける私に愛想笑いしてくれる彼。

「いやいや、大丈夫です、どうぞ。」と通されて中に入るといきなりパーンと目の前にステージ上でライト浴びながら、MC中の夏番長さん達。ステージから6列め辺りが出入り口で、ステージに向かい右側。2階合わせ800名程度の会場だから、幅狭く、ステージ中央から入り口も結構近くて。赤いジャケットの夏番長さんが一瞬、巨人に見えて、、、思わず驚き一歩後ずさり。たまたまでしょうが、こちら向いてたし。ありゃ、見られてる?私(と思い込む)。
観客席は薄暗く、皆さん椅子に着席中。MC続く中、背中を丸め小さくなって足早に。私の席はステージに向かい左側、9列9番。お兄さん、左側にもドアあるじゃない。こちらからなら、迷惑かける程度が少なかったのに。端から端への最大距離移動で目障り。まっ、大遅刻の私が悪い。すみません。夏番長さん達、皆さん邪魔して。お兄さん有難う。

その後、時間を取り戻すかのように、はしゃがなきゃ損と壊れた私。遅れて恐縮していたはずの私の豹変ぶりはきっと周りの方、びっくりしたことでしょう。

いやー、兄貴達、頑張っていらっしゃいました。疲れ顔も笑顔に変えて。あの仲の良い遠慮ない関係性が羨ましい。
ご当地替え歌に、倉敷、総社、笠岡まで地名が出て会場盛り上がる。こういうのがね、うれしいんよね。地元ライブのよさ。

何より夏番長さんの声が昨年より伸びよく、太くなっていました。安定した歌いっぷり。手術成功した喜びを改めて。

50代になった彼らは、あと一万日しかないんだぞと言います。自分達の寿命が。一日一日を大切にと。
次来る時に誰かが1人欠けているかもなんてことも冗談ながら言ったりして。
ファンも理解して過剰なアンコールの声はやめるようになって、ちゃんと受け入れた模様。でもちょっとさみしい。。。

帰りの階段。足がガクガク。膝が笑うって本当なんだ。40代半ば無理するもんじゃあない。私も受け入れなきゃ。

なーんていってもミーハーは変わることなく。

ライブが終わると玄関には、バーンとツアートラック。そう、あのトラック。
d0111672_17443189.jpg
有難う。まだまだ続く長旅。いってらっしゃい!

帰りの駅までの私のももチャリ旅は、今にも止まりそうなスピードとなりました。。。

[PR]
# by haruru2007 | 2017-06-16 19:28 | てくてく。 | Comments(4)

小さなhappy。

d0111672_20325824.jpg
15日、夏番長がやってきます!
仕事早く終われますように。ももチャリぶっ飛ばします!

仕事帰り、ネット検索していたら、「TUBEのツアトラが岡山入り 珍しいな」と写真投稿している人がいて、こりゃぁ、岡山駅だな。と勘が働いて、ぶらりと散策。
ありました、ありました!ツアートラック♪
これは私が撮ったもの。投稿写真とは、とめている向きが違って背景は殆どコンクリート壁と窓だったのにそれでわかる私。会場から随分離れているのに。こういう時だけ勘が働く。。。
小さなhappyに前夜から浮かれています♪
それにしても、夜写真が昼のように変えられるとは。
それより、、、変、怪しいね、私の行動。
ちゃんと周りに人がいないタイミングで撮りました。
気ままながらも、恥じらいはあるようです。自撮りはしなかったし。笑。



[PR]
# by haruru2007 | 2017-06-14 20:32 | ひとりごと | Comments(4)

シュシュタワー。

ダダーッと直線縫いしながら、すーっとひっくり返す作業がなんでか病みつきになり。
d0111672_00244901.jpg
どうするんだろう。
こんなに作って。

[PR]
# by haruru2007 | 2017-05-28 00:22 | ちくちく針仕事中。 | Comments(4)

若者。

なんて、言ってしまう自分。そんなお年ごろに随分前からなっています。

「お久しぶりです。寒暖の差が大きいですが、お元気でお過ごしでしょうか。今度都合がよければ、ショッピング、ランチでも一緒にいかがですか?クッションもまた作りたいです。」
18歳のオンナの子より。会うと敬語、丁寧語全くないのに、Lineではいつもこんな出だし。

親戚の子。私の母親が、2人、気があうんじゃろーなんて。年の差27歳。気があうも何も。。。どうみても親子。
「迎えに行こうか?」に、「いや、私運転していきます」あっ、免許とったんだった。
行き帰りちょっと大丈夫かなーと心配したりして。

新生活の様子、恋バナと、今どきの若者事情を教えてもらい。時に、お節介、駄目よと言動を正したりして。

好きなアイドルの写真をアイロンプリントしたクッションを満足そうに作って帰りました(気があうと言うのなら、ミーハー心を理解できるからかな)。
これで明日の朝から、また頑張れるんだそうな。。。

d0111672_18531956.jpg
私も頑張らねば。

「今日は楽しかったです。今度は泊まりにいかせてもらいまーす。」
やはり、気があうのかな…私達。

[PR]
# by haruru2007 | 2017-05-21 18:43 | ひとりごと | Comments(4)