原動力。

ホント、うさ耳〜
うさぎの耳みたいになるのね、うさ耳シュシュ。
…なんて、作者が無責任にも。
d0111672_10032214.jpg
ブログチェックしてくれた友人が、娘にも〜〜と言ってくれて。オトナサイズどうかと思ったけれど小学生低学年の彼女でも大丈夫だとか。ふーっ。
写メして選んでもらうのも、どれを選ぶのかわくわく、どきどき。子供は正直だからね。少々不安で、これだけあれば1つくらいはと沢山作り過ぎ。迷わせた意地悪な私。
なかなかオトナテイスト、季節モノ選んだオシャレさん。
次は自分で作りたいんだとか。過去、haruru教室参加10名の中で最年少になるわね。私の小さな夢が近々叶う。

このオンナの子が、まだ喋られない2歳ごろ、私がプレゼントした、ぱっちんどめをつけてくれて、私を見るなり近寄って、自分で頭にポンポンと手をあててニッコリ。
きっと「つけてきたよ、ありがとう」と仕草で伝えてくれたんだ、と。言葉よりもココロに響いたのを覚えてる。いつか大きくなったら、チクチク一緒にしたいなーと思った、私の小さな夢。思ったより早い夢達成になりそう(あっ。私、夢あったんだ)。

チクチクしていると時折、あの笑顔、仕草を思い出して、とてもココロ穏やかになるんだ〜私の原動力♪

[PR]
Commented by えすぺらんさ at 2017-05-21 06:59 x
お久しぶりです。

総勢10名の生徒さん!
すごい!

haruruさんの作品をもらって、
一緒に作ってという体験が
そのお嬢さんにとっての何かの
始まりになるかもしれないねー

きれいな材料を扱って、
形ができあがっていく喜びを
伝えていけるのが、先生なんだと思うわ。
Commented by haruru2007 at 2017-05-21 18:43
♪えすぺらんさサン
ハイ。お久しぶりです。
いやいや、「先生」だなんて。サイズ違うと縫い直したり、裏表間違って縫うような者が。
教室っていったら、大袈裟でした。。。
ミシン、道具、場所提供者、かな。
10年くらいの間でね、数えたらそのくらい。

私が幼い頃、叔母から、若い頃、バイト先のおばさんにいただいた手作り物が嬉しかったように、束の間でも何かを感じてもらえたら嬉しいかなー。
by haruru2007 | 2017-05-20 10:00 | ひとりごと | Comments(2)